2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 政府の「働き方改革」、1月80-100時間の時間外労働時間限度は根本的に間違っている。 | トップページ | 日本は労働者不足。こんな時は、キチンと要求。 »

2017年3月13日 (月曜日)

月100時間、2ヶ月連続80時間の時間外労働!過労死労働の合法化は許されない。

政府の「働き方改革会議」は、時間外労働時間の上限を月100時間、2ヶ月連続で80時間の水準に定めたようです。

まさに過労死水準の合法化です。

月100時間の時間外労働とはどのようなものなのか?

まず朝9時に出社。12時から13時まで昼休み。13時から18時までまた働き。法を守るならば、ここで30分休憩。そして時間外労働時間に入り。月の労働日が22日ならば、そこから4~5時間働く。時間はすでに23時にもなろうとしています。そして退勤(これは早出や残業において、カウントされない「サービス時間」=早出で書類やファイルの整理あるいは掃除をするとか、昼休みも電話が来たら仕事するとか=がない場合です)。

通勤に片道1時間かかる人は(ただし時間が遅くなると、より以上通勤時間がかかる)、夜中の0時前後に帰宅です。途中コンビニに行ったり、家に戻ってからシャワー浴びたり、雑事をこなせば寝るのは早くて深夜2時頃(途中で眠りに落ちるかも)・・・。

で、また朝は8時前には起きなければなりません。これでは会社のための奴隷です。自分お時間は全くありません。そして疲れ切って。土・日・祝祭日は休むだけ。

これが月80時間労働でも同じようなものです。大差はありません。

政府は、そして大企業企業組合の寄り集まりの連合は、これをもって「働き方改革」とするのですが・・・・。

「汝臣民、過労死せよ」。です。

« 政府の「働き方改革」、1月80-100時間の時間外労働時間限度は根本的に間違っている。 | トップページ | 日本は労働者不足。こんな時は、キチンと要求。 »

心と体」カテゴリの記事

働く」カテゴリの記事

労働条件」カテゴリの記事

労働環境」カテゴリの記事

労災」カテゴリの記事

長時間労働」カテゴリの記事

労働行政」カテゴリの記事

ブラック企業」カテゴリの記事

残業時間」カテゴリの記事

時間外労働時間の限度」カテゴリの記事

8時間労働」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 政府の「働き方改革」、1月80-100時間の時間外労働時間限度は根本的に間違っている。 | トップページ | 日本は労働者不足。こんな時は、キチンと要求。 »

最近のトラックバック